Raychem(レイケム) XTVシリーズ

  • 工業
  • 船舶

自己制御ヒータ

製品概要

耐熱温度が高く、プロセス保温に適したヒーティングケーブル

自己制御ヒーティングケーブル”XTVシリーズ”は、
2本の導線の廻りにグラファイト(導電性カーボン)と放射線架橋ポリマーの混合物で巻き付けられた発熱抵抗体により周囲温度に応じ、ヒータが自ら出力を可変させるヒータです。この機能により、配管フランジ、バルブ等に取り付ける際にヒータ同士を交差させても、ヒータが焼き切れることはありません。また、構造上2本の平行導線間に無数の抵抗線が結合されているのと同じ事から、並列回路ヒータとも呼んでおります。従って、2本の導線間の単位長当りの発熱量は、自己制御ヒータの長さが変わっても変わらないので、現場にて自由な長さに切って取付することが可能です。

100V仕様(100-130V), 200V仕様(200-277V)を用意しております。

主として耐熱温度が高く、最高121℃までのプロセス保温用途に使用されます。

特定のヒータ型式において、国内初の防爆構造電気機械器具型式検定認可システムであり、スチームトレースや温水トレース以外の選択肢となり得ます。
同じく、型式検定認可を受けた専用のアクセサリ(電源接続キット、エンドシールキット)との組合せにより、日本国内における1種並びに2種危険場所での電気ヒーティングシステムとして使用することができます。

用途

各種工業用配管、タンク凍結防止、プロセス保温(蒸気、重油、化学薬品など)

よく使用される業種

化学工場、飲食料工場、石油精製プラント、発電所、ゴミ焼却場、など

実績例

化学工場:苛性ソーダ、キシレン、硫酸、硝酸、重油、軽油、有機溶剤及び製品|配管及びタンク
食品工場:液糖、水飴、食用油及び製品|配管及びタンク
発電所:ガス、重油、軽油|各種燃料配管及びタンク
石油備蓄基地:重油、軽油|各種配管及びタンク
船舶:燃料配管、給水配管、甲板、ヘリデッキなど

製品仕様

5XTV1-CT-T3 15XTV1-CT-T2 20XTV1-CT-T2 5XTV2-CT-T3 20XTV2-CT-T2
10XTV1-CT-T3 10XTV2-CT-T3
15XTV2-CT-T3
使用電圧(VAC) 100 200
最高保持温度/
最高連続暴露温度
(電源ON時)
121℃
最高間欠暴露温度/
累計1000時間
(電源ON/OFF時)
250℃
温度等級
(T-rating)
T3(200℃) T2D(215℃) T2C(230℃) T3(200℃) T2C(230℃)
外装被覆材質 フッ素系樹脂
外装被覆の色 赤色
錫メッキ同編組 電気設備技術基準に基づきD種設置工事を実施する事

※印のヒータは特定の付属品との組合せ使用により、日本国内の1種2種危険場所または第一、二類危険箇所でお使い頂ける防爆検定に合格しております。

カタログ ダウンロード

一覧へ戻る