CASE STUDY施工実績

課題

アスファルト製造配管の温度を保持したい。従来はシーズヒータを使用していたが、シーズヒータは構造上長く伸ばせないため接続箇所が多かった。その為、接続部分へ水分が浸入し、絶縁不良になることが多い。

施策・ご提案

120℃以下になるとアスファルトが固まる為、MIヒータを使用して配管を170℃に保持、凝固防止対策をした。

評価

絶縁不良の発生頻度の低下
MIヒータにすることで接続箇所が少なく済み、絶縁不良の発生頻度を下げ、安定した温度管理が可能となった。

一覧へ戻る

PRODUCTS使用した製品