お問い合わせ Engrish

株式会社テクノカシワ

ここが知りたい電気ヒートトレース

このページでは電気トレースに関し、多く寄せられるご質問をQ&A形式で掲載しています。

蒸気トレースと、電気トレースのシステムの違いは?
蒸気トレースは、蒸気の持つ顕熱および潜熱の凝縮熱伝達により配管の過熱を行います。過熱温度は飽和蒸気の圧力により決まるため、供給圧力の飽和温度以上にならないという特長がありますが、温度制御には不向きです。漏洩ロスの可能性があり、電気に比べると現場はクリーンではありません。
電気トレース現場はクリーンであり、供給エネルギーのすべてを無駄なく使用するため、エネルギー効率面でも運転コスト面でも有利です。

自己制御電気トレースシステム図を見る

代表的なスチームトレースシステム図を見る

電気トレースの設備費・施工費は、蒸気トレースよりお得か?
前提条件として既存設備に利用可能な余剰蒸気がある場合は蒸気トレースが有利ですが、従来の一定出力型の電気ヒーターに加え、信頼性・安全性・経済性を改善した自己制御型電気ヒーターが広く実用化されていること、防爆認定品も多く市場に供給され、現在は電気ヒーターが採用される方向にあります。
設備コストは対象とする設備の範囲により変わりますが、設備費は電気トレースの方が高い一方、工事施工面では電気トレースは施工が容易で短工期で済みます。
運転保守コストはどちらが有利ですか?
蒸気トレースは供給配管、復水配管からの放熱ロス、トラップ、フランジなどからのドレンが避けられず、初期起動に暖機が必要となるため、供給エネルギーの利用率は40%程度です。一方、電気トレースはロスも少なく、エネルギー効率が高いため、環境保全に優れいています。蒸気代と電気代の比較から見ると、電気の方が約65%安いという結果が出ています。
保守面では、蒸気トレースは定期的なメンテナンスが必要で、蒸気漏れ等が生じた場合には大きな補修作業が発生します。電気ヒーター(特に自己制御型)は安全、高信頼で寿命、保守管理面で有利です。
海外でも電気トレースが主流になっているのですか?
環境問題意識の高いヨーロッパをはじめ、欧米の化学プラントでは電気トレースの需要が高くなり、ヒートトレースと言えば「電気」というのが常識になっています。とくにこの10年間に大型プロジェクトの多くが電気ヒートトレースを採用しています。

ダウンロード