お問い合わせ Engrish

株式会社テクノカシワ

オート・トレースヒーターについて

オート・トレースヒーターは、1970年代に米国レイケム社が世界に先駆けて開発した自己制御性で並列回路のヒーターです。レイケム社のオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)は、サーモスタットを使用しなくても異常加熱したり焼き切れたりすることがありません。信頼性の高い安全な電気加熱保温が行えます。 また、連続的な並列回路構造をしているため、現場で必要な長さに切って使用することもできます。これらの信頼性、施工の簡易性など、レイケムブランドのオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)の優位性により、各種産業での凍結防止に広く使用されています。

また、レイケムブランドのオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)は、耐薬品性に優れ化学工業薬品、燃料油、食品等のプロセス保温にも最適です。 レイケム社のオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)の高い信頼性はその実績が示す様に原子力発電所、LPG貯蔵タンク、 ウラン燃料製造プラントのような高度の技術を要求される分野にまで現在幅広く使用されています。

ラインナップ

オートトレース

  • ・ BTV(凍結防止及び65℃までの保温)
  • ・ QTVR(110℃までの保温)
  • ・ XTV(120℃までの保温)
  • ・ KTV(150℃までの保温)

アイスストップ
〜凍結防止、融雪〜)

  • ・ Hシリーズ
  • ・ QTVR(110℃までの保温)
  • ・ GMシリーズ
  • ・ EMシリーズ
  • ・ HRシリーズ(融雪マット)
BTVQTVRBTVKTV
自己制御性について

レイケム社のオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)は、温度の変化につれて、発熱量を発熱抵抗体自体が増減するように作動するので、連続使用しても決してオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)の耐熱温度以上で作動することはありません。 それゆえ、過熱防止のためのサーモスタットの設置は必要ありません。(但し、正確な温度制御を必要とする場合は別です。)
また、オート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)は交差して使用しても、自己制御性が働いてホット・スポット(過熱部)にはなりませんので、ヒーターが焼き切れる危険もありません。

出力・温度カーブ一定出力ヒーター自己制御ヒーター

耐久性

多くの場合、電気ヒーターの事故は絶縁破壊ならびに金属発熱部分の破断によるものが最も多く、これが100%であると言っても過言ではありません。レイケムブランドのオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)の場合、破断事故は並列回路であるために皆無であり、 絶縁についても充分な考慮がしてありますので、その寿命は通常の電熱線型に比べてはるかに長いのです。

施工方法

設計通りに所定のオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)を配管にグラステープで取り付けるだけで、熟練した技術は全く不要です。 レイケム社のオート・トレースヒーター(自己制御型ヒーター)が配管から浮き上がったり、交差することがあっても、ホット・スポット、 あるいはオーバーヒートの事故は起きません。外装の絶縁被覆に傷をつけないようにだけ注意してください。

用途
  • ・配管、タンク凍結防止
  • ・工業用各種配管、タンクプロセス保温
  • ・各種船舶用(ヘリデッキ、水道管、消火配管、窓洗浄配管等)凍結防止
  • ・一般建築用途向けア
  • ・工業用防爆エリア
認可

平成11年、国内で初めてレイケム社が自己制御型電気ヒータシステムにおいて、安研の防爆型式認可を取得いたしました。 今まで物件毎に産業安全技術協会に申請し認可を受けておりましたが、今後一切その必要がなくなりました。これにより、受検費用その他手間を大幅に削減することができるばかりでなく、 安心して電気ヒータを一種および二種危険場所にご利用していただくことができます。
また、世界各国の認可も取得しておりますので、輸出プラントに使用する場合、適要規格面での障害は全くありません。 主要各国の認可は次の通りです。

代表的取得認可一覧
アメリカ UL、FM、USCG オランダ MVSZ、DGVA
カナダ CSA ノルウェー NEMKO
イギリス BASEEFA スウェーデン SEMKO
フランス LCIE ドイツ PTB
ベルギー INIEX、CEBEC