お問い合わせ Engrish

株式会社テクノカシワ

沿革

1911年 山下汽船合名会社を設立。
1917年 山下汽船株式会社へ改組。
1947年 山下汽船、第五次持株会社指定を受ける。山下三郎は公職追放令を受け山下汽船常務取締役を辞任する。
1947年 山下三郎、山下波郎並びに山下豊郎にて、株式会社柏商店を設立。
炭酸ガス消火器等の船舶への販売を主たる業務とする。
1950年 山下三郎、公職追放令が解け山下汽船取締役に復帰し、1960年山下汽船社長に就任する。
山下汽船はその後合併を重ね山下新日本汽船、ナビックスラインを経て、現、商船三井となる。
1953年 船舶用消火装置メーカーとして第一歩を印す。
1960年 柏汽船産業株式会社に社名変更。
1965年 英国THOMSON社と技術提携し、ジャパントムソンシップクレーン社を設立荷役装置の設計・製造販売を始める。
1970年 英国W.C.HOLMES社と技術提携し、タンカーの荷油タンクの防爆装置の製造・販売に従事。
1986年 株式会社カシワテックに社名変更。
米国資本のタイコ・エレクトロニクス・レイケム株式会社(旧株式会社レイケムと自己制御型電気ヒーターの設計・施工ならびに販売に関する提携を結ぶ。流動層燃焼装置の開発を始める。
1994年 ヒータ、流動層焼却装置を中心とした陸上市場への業容充実のためエンジニアリング事業本部を設置。
1995年 陸上市場へより効率的、機動的に対応し業容拡大を図る為、エンジニアリング事業本部を分社・独立し株式会社テクノカシワを設立。
2000年 品川区南品川に移転。
2001年 レイケム製熱収縮防食ジョイントカバーの日本における総代理店となる。
2002年 Isopad社、Pyrotenax社のMIケーブルの販売を開始。
2010年 カシワテックつくば工場内にヒーター実験棟を建設。

ダウンロード